何かを始めるのに

ほぼゲーム、もしかしたらプログラミングと音楽

常時エディへの道

■常時エディへの道

各種技を使える回数(収納を加味して)
・つつく…7回
・伸びる…3回
・回る…3回
・もぐり…7回
伸びる、回るは つつく、もぐり の1,5倍ゲージを消費している

 

■相手によって行動を変えていこう

基本の動きは、召喚してエディを前に出ししつつ、ドリルでフォローだが

人によっては低ダで無理やりこじ開けてくる人もいる。

そのため、キャラや人読みで相手に合わせて適切な手段を取る必要がある。

 

■テンプレな動かし方

▼飛び道具、小技でエディを壊そうとしてくる。

・エディを中間に置いて、HSドリル

 →飛び道具はHSドリルで相殺し、小技はHSドリルでダウンを取る。

  低ダを通さないように、中間距離で伸びるをしておく

 

▼2段ジャンプ、低ダで無理やり距離を詰めてくる。  
・エディを中間に置いて、様子見。

 →判定の強い技で空中から攻められると、伸びるが壊されがち

  ザトーも一緒に対空しよう。6HS、2HSはカウンターであれば

  リターンはでかい。

 

 ▼飛び道具と一緒に攻めてくる

エルフェルトやクムがよくやってくる。

 

 

最終的な目標は伸びるか回るをガードさせること。これにつきる
上の行動を通すために


①召喚のタイミング
 ・影溜まり召喚>伸びる で動こうとした相手に当たる。

   読まれて小技暴れや突っ込み技には負ける
   →伸びるガード後は 2P、2Kからつつく固めか回る。2Sでも良い
    遠い場合や、暴れ読みであればHSドリル


 ・各種通常技からのHS召喚前すすめ>つつくor伸びる
   →伸びるの用途は暴れ潰し。反応が遅れてコパンで

    消そうとした時もCHになったりはする。突くは攻め継続。

    継続というほど続かないが


 ・突くガード後の攻め方
   →暴れ潰しは2S>突く>HSドリル。エディは大体死ぬ
    ジャンプは伸びるor突く+6HS(2HSでもいいが突っ込み技で死ぬ)
    後ろジャンプ逃げは回るで封鎖しつつ、対空行う。


 ・2S>HS召喚(Pホールド)>つつく(P離し)>HSドリル(K離し)>回る>ダッシュ2K>2S も良い
   →回るした時点でエディゲージは半分なので、ガードされた場合は
    再度 回る か。伸びる>即収納を行う。伸びる収納は、有利ではないが

    展開早いので誤魔化しがきく。やり過ぎると割り込まれるかも
   →2S>つつく を見越して低ダ・暴れる相手には、2S>伸びる召喚が刺さる

 

②HSとPまたはSをホールドをしておく
 ・飛び込み:2HSと伸びるで対空
 ・ダッシュ:つつく>HSドリルを行う
 ・飛び道具:HSでもぐらせて つつく で触りに行く

 

■つつくガード後の読み合い
主に通常技からエディ召喚してつつくをガードさせたあとの読み合いについて
述べる

①つつく>2S>HSドリル>回る
 飛べない連携。これができれば強いが位置が噛み合わないと2Sが届かない

 

②つつく>ブレイクザロウ>伸びる
 相手がつつくガード後に低ダせめてくる場合に有効。
 伸びるは少し後ろに出しておくと良い

 

③つつく>HSドリル>回る
 ①の隙間が空いた連携、固まっている相手に効くが
 低ダは通すので注意

 

④つつく>微ダ2S>HSドリル
 エディを潰そうと技を振っていたらCHでダウンが取れる
 ガードされた場合はそのまま回るで固める